ビンテージ・アンティークダイニングテーブルを子どもと楽しく使うコツ。


IMG_0662

 

ビンテージやアンティークのダイニングテーブルって、とっても雰囲気が素敵でひかれる反面、お手入れが大変そう・・・と思ったことありませんか?

しかも小さな子どもがいる家庭だと、最初からあきらめてしまうケースも。

そんなあなたに!

ビンテージ・アンティーク家具店オーナーかつ現役ママでもある私が自宅での使用例をもとにリアルな『本音』をご紹介いたします ^^

ぜひご参考ください。

 


まず、この手のテーブルがハードルが高そうに思われる原因としては

「ビンテージだから、アンティークだから古くて壊れるかも・・・」というよりも

テーブル表面の状態が大きく関係しています。

【現代のテーブルの場合】

テーブルの表面はウレタンという塗料がぬられていることがほとんどです。
手触りはつるっとしていて光沢がある感じで、耐熱、耐水において素晴らしい力を発揮します。

【ビンテージ家具の場合】

シュラックという天然素材でコーティングされていたり、
浸透性のあるオイルや耐水効果の期待できるワックスが塗られていることが多いです。

 

仕上がりは木のもつ自然な風合いを活かした感じで、この質感がビンテージ・アンティーク家具の大きな魅力の一つです。


英語のことわざで「Win some,Lose some(勝つときもあれば負けるときもある)」というのが
ありますが、
ことビンテージテーブルについては、

「風合いや味わいでは勝ちだけど、利便性では若干劣る」

という事実はあると思います。

といっても、この「ちょっとした不便さ」なんてすぐに慣れますし、ポイントを押さえて使えば全くなんてことありません!!

 


IMG_0655

さて、ここからが本題。

3歳児と暮らすわが家で実際に気をつけていることは・・・

 

飲み物はコースターの上に置く
ビンテージ家具は熱と水分に弱いので、カップ&ソーサーのようにそれ自体がコースターの役目がない場合は、ペットボトル、缶、瓶でも同様。

慣れてくればこの位の時間ならコースターなしでも大丈夫、これは常温だから大丈夫と分かってくるが、それまでは特に子どもがいる家庭では「飲むときはコースター!」と
決めてしまった方が圧倒的に楽。

 

食事にはランチョンマットを使用する
わがやでは防水性のあるものを使用していますが、布製、革製なんでも良し。

子どもがまだこぼしたりする可能性があるうちは、防水性は非常に心強いです。
テーブルの際にあわせてピッタリ置いています。おやつも全てランチョンマットの上で。

友人で、熱々のラーメンを直置きで食べて悲惨なことになった人がいます。この一手間が大事!

熱々のグラタンやお鍋など高温の場合は、穴のあいた鍋敷きなんかだとそこから熱気がテーブルに伝わって跡になってしまうので注意!

 

食後に食べこぼしや汚れを拭き取る
ビンテージ品は水厳禁みたいに思われますが、しっかり固く絞ってあれば水拭きできます。

ただ、拭くたびに表面のオイルなどの保護剤はどんどん落ちていきますので、普段はランチマットのほうを拭いたり洗ったりすることで清潔を保つほうが追々楽だと思います。

 

濡れたら必ずすぐに拭き取ること
この「すぐに」が結構重要です。

すぐに拭いて乾いた状態に戻しておけば、もし多少白く水染みができていても次の日にはすっかり消えてきれいになっていることもあります!

 

それぞれのテーブルの素材によって細かな違いはあるかもしれませんが、この基本事項4点はほぼ共通です。

あとは普通のテーブルと同じように使っていって全く問題なし!

漠然と大変そうと思っていた方。意外とそんなに負担じゃないですよね?!

 


 

根っからの0型気質で、面倒なことは苦手なわたし。

最初は

「毎回コースター使うのかぁ・・・めんどうだな」と思っていましたが、

本当にビックリするくらいすぐに慣れます。
テーブルの片隅や見えるところに常に置いておけば、まったく苦にもなりません。

子どもがいる場合、もうそういう決め事にしてしまえば2歳くらいの子どもでも率先して
マットやコースターを並べる仕事をかってでてくれるので、親は助かる&子どもは役に立ててうれしいの相乗効果でみんなハッピーです。

しかもおままごとでもコースター付きのお茶を持ってきてくれたりして、ちょっとイイところの子みたい(笑)

いろんなデザインのマットやコースターを揃えて使い分けるのも、楽しいですよね。
一番かなしいのは、「も?、汚さないで!!こぼさないで!!」と親がプンプンしてしまうこと。

ちょっとくらいキズがついても染みができても、それが家族が食卓を囲んできた証!と思って大らかな気持ちで使うくらいがビンテージ・アンティークとの一番よい付き合い方かな、と思います。

 

さぁ、今まで欲しいけど・・・と悩んでいた方。
買ったはいいけれど、ダメージを恐れて常時テーブルクロスでおおって結局見えない(涙!)の方

家具は使って、使って、使ってこそ!

お気に入りのテーブルで、今というかけがえのない家族との時間をもっと楽しくて豊かなものにしていきませんか?

→当店のテーブル一覧を見てみる

 

 


日本で一番G-planジープラン家具に詳しいお店!


こんにちは。
イギリス人店長による■英国ヴィンテージ家具&アンティークのセレクトショップ■
ブリティッシュビンテージプラスのmisakiです。

昨夜は台風が心配でしたが、みなさんは大丈夫でしたか?

私はというと・・・

この4月から3歳の娘とやろう!と思い切って始めた市民農園が気がかりだったのか
今朝は早くから目が覚め、6時半から畑に行って苗のチェック。
農家の嫁みたいな一日の始まりを迎えていました。笑

 

_MG_7957

 

 

さて本日は、久々にヴィンテージ家具屋らしくお役立ち情報をお伝えしていきたいと思います。

テーマは、

『G-planマニア必見!なくてもいいけど、やっぱり残っていたら最高に嬉しい!!
ジープラン家具のロゴとその変遷について』

です。

ジープランG-planは、もちろんイギリスの家具。

イギリス人店長の名にかけて、目指せ!日本で一番ジープランに詳しいお店となるべく
私たちの経験とリサーチをもとにまとめていきたいと思います。

(ジープランの成り立ちについては、以前のブログを参照下さい。)

職業としてヴィンテージ家具を扱っている私たちの場合、
ロゴがあってもなくても、デザインと造りで大体メーカー品かどうかはすぐに分かりますが、

一般のお客様の場合、ロゴの有無を重要な判断基準にされる方がけっこういらっしゃると思います。

その中でたまに頂くご質問が、

「このG-planテーブルのロゴのデザインは、他店とちょっと違うようですがどうしてですか?
 もしかして偽物ということはありませんか?」

 

ビンテージ家具の偽物説については、以前のブログにも書いているので割愛させていただきますが、

特にジープランの場合、そのブランド名ばかりが有名になって背景があまり知られていない為に
このような疑問が起こってくるのだと思います。

まず現在出回っているG-planの家具は、1950年代?80年代に製造されたものがほとんどです。
一言でジープランの家具と言っても、そこには遥か40年の開きがあるのです。

そう、あのスターバックスだって創業以来ロゴが少しずつ変化しています。

5a106e41fe954581999566a4293ced89

そうなんです!

大きな時間の流れで見たとき、その時々の時代背景や企業理念でロゴは変化して当然なんですね。

ではG-planの場合を見て行きましょう!

G-Plan gold embossed stamp 1950s to early 1960s (image Sybil of chicas-1, eBay)

1952年?

ジープランブランド第一機のロゴで、通称ゴールドスタンプ。
木に直接スタンプされているので、薄くはなっていても残っていることが多いです。
中心のEGという文字はE Gommeの略で、ジープランというブランドを作ったE Gomme社を意味しています。
初期はまだG-planの文字も小さ目ですね。

 

G-Plan Danish brand stamp (image Tim Boalch)ほぼ同時期(1960年?)に、デンマーク人デザイナーのIB KOFOD-LARSENイプ・コフォード・ラーセンによって
デザインされた家具には、彼のサインが入ったゴールドスタンプが押されているはずです。

この家具は、通常のジープラン家具よりも特に希少価値が高く、高値で取引されています。
購入時にはロゴを一つの目安としてチェックしたいですね。

 

G-Plan red label, late 60s

1965年?

当店ではたまに見かけるロゴです。
ただこちらは紙製なので剥がれてなくなってしまっていることも多いです。

 

 

 

G-Plan red and gold label 1975 to 1985

1975年?

一番良く見かけるロゴです。デザインは上記のままに、素材がメタリックなものになりました。
光沢があるので、ジープランの落ち着いた雰囲気に一番よく似合うと個人的には思っています。
こちらもステッカータイプで無くなっていることもしばしば。

 

 

G-Plan red and gold label 1975 to 1985

1985年?

文字のフォントが変わり、「G」がより大きいデザインに変わりました。
初期のゴールドスタンプからこの辺りまでが、当店で一般的によく見かけるロゴデザインです。

 

 

G-Plan red and gold label 1990 to 1992

1990年?

90年に入るとこれまでのデザインをもとに周りにボーダーラインが入り、
より華やかなイメージのロゴへと変化しました。

でも、やっぱり元祖のシンプルでアナログ的なデザインには敵いませんね。

 

g-plan-logo1そして、その後。

G-planブランドをつくったEGomme社はその後売却され、複数の手に渡りましたが、最終的には1996年に
スコットランドのグラスゴーに工場のあるモリスファニチャーがキャビネット類の製造のライセンスを取得し、
G-planキャビネットという名前で製造を続け、G-planのなかでもソファ類は、G-planアップホルストリーという別会社が製造を続け現在に至っています。

 

たとえロゴのデザインが違っても、愛すべきG-plan家具に変わりないこと。

分かっていただけましたか?

最後に、冒頭の4脚揃いで入荷したジープランチェアの商品撮影をしていた時に見つけたひとこま。

_MG_8009

_MG_8011
_MG_8010

 

 

 

 

 

 

 

 

同じセットの中に存在する、二つのタイプのロゴ。

とことん歴史やロマンを感じてしまうのは、
私だけではないはず!

だから面白い。ヴィンテージの世界!!

 

 


本物?にせもの?ビンテージ・アンティーク家具を賢く購入するために知っておきたい4つのコト。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは。
イギリス人店長による■英国ヴィンテージ家具&アンティークのセレクトショップ■
ブリティッシュビンテージプラスのMisakiです。

本日は、ビンテージやアンティーク家具を購入するにあたって
ちょっと気になるお話を・・・

 


 

洋服、時計など巷にあふれる高額商品の数々。
ネットで購入される方も多くなってきているのではないでしょうか。

そんな時に相場より少し安かったりすると、大丈夫?コレ本物なの?と
お値打ちで嬉しい反面、心配になった経験みなさんはありませんか?

購入前ならまだしも、購入後にメーカーロゴのデザインがなんかちょっと違うみたい!と
気づいてしまった時には、もう不安感でいっぱいになってしまいますよね。

残念ながら、様々な分野で偽造品の製造や販売は後を断ちませんが
ことビンテージ・アンティーク家具に関しては、私はあまり心配いらないと思っています。

安心しましたか?(^o^)

もちろん、信用できるお店で購入するということは大前提ですが!!

例えば当店でも扱いのある、ジープランG-planやアーコールERCOLなどのイギリス製品の場合

1、デザインや造り、使われている素材に特徴があるので、目が肥えていれば簡単に見分けることができる。

_MG_8713

2、本物のビンテージ品は経年感が魅力の一つなので、レプリカや新品はすぐに分かる。

3、一般的に偽品を製造していると考えられる第三諸国が、ビンテージの生まれた1950?70年代に
そのような経済活動をしていたとは、非常に考えにくい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そして最後に・・・

4、ここまでの物を造れるほどの技術力があれば、他に頼らずとも独自で勝負できる。
よって真似る必要性ナシ!!

というのが、私の持論です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それくらい簡単に真似なんてできないのが、誇り高き英国製ビンテージ・アンティーク家具です!^^

いいものを見ていると自然と見る目が養われていきます。
巷にあふれるアンティーク調やビンテージスタイルとは全く次元の違う、成熟した本物の家具をぜひ一つでも手に入れてみて下さい。

その後の人生観が変わりますよ。