なりたい自分になる


ukautumn

こんにちは!

イギリス人店長による■英国ヴィンテージ家具&アンティークのセレクトショップ■
ブリティッシュビンテージプラスのMisakiです。

 

9月に入り、秋の足音が少しずつ聞こえてくるようになりました。

 

本日のタイトルは「なりたい自分になる」

 

先日、小林麻央さんが同タイトルでブログを開設して話題になっていましたね。

同じタイミングでたまたま目にした雑誌でサッカーの長友選手が語っていた内容が心に残っていて・・・

このタイトルにしました★

 

長友選手は、イタリア・ミラノ在住5年目とのこと。

彼のイタリア人のチームメイトは、練習場にもすごいオシャレして来るそう!さすがイタリアですね^^
そんな仲間と日々を過ごすうちに長友選手も自然とファッションに興味をもつようになり、気づいたことがあるそうです。

 

いい洋服をきることで自分のメンタルも変わってくる。
常にこうありたいという理想の自分をイメージして、それに近づけて行くんです。

気に入った物を長く愛用したいと思うようになりました。
ブランドではなく質感や自分に似合うかどうか。

レストランに行く時なんかも、ビシッとスーツをきめていくことで「食事」という時間がいっそう楽しめる。服装一つこだわることで、こんなにも精神的に違いが生まれるんだと気づけた喜びはとても大きいです。

 

これって、私たちが提供しているインテリアの世界でも同じだ!と思いました。

ビンテージ家具は家具のなかでは決して安いものではないですが、いいものであることは間違いなく自信をもっています。そしてこのメンタルが変わってくるという感じも同じだと思っています。

 

だって自分のお給料で頑張って手に入れたステキなチェストに、服をぐちゃぐちゃに収納しようと思いますか?
一生懸命貯金して手に入れた大好きなヴィンテージテーブルで、インスタントなんかの適当な食事をしようと思いますか?

 

質の良いイタリア製の服でもヴィンテージ家具でも、モノ自体は高い買い物かもしれません。
でも私たちが本当に手に入れようとしているのは、その先にある生活や自分自身なんですよね。

 

あなたがなりたいと思っている「ていねいな暮らしを楽しむ私」「こだわりの自宅に人をたくさん招いて楽しんでいる私」「いつ帰っても心地よいホームが待っている私」

 

そんなあなたの「なりたい」を「高いから」と思って諦め「いつか」と先延ばしにするのか。

それとも、「所有することでなりたい自分に近づいていく」のか。

 

環境は人をつくります。

 

いいものに投資することで自分の生活のクオリティをあげていく=自分自身のクオリティをあげていく。
自分にもっと自信をもてたり、自分がもっと好きになる。自然と生活の質や自分の態度・意識が変わってきます。

 

「なりたい自分になる。」

 

芸能人とか有名人とか、一見成功していて華やかそうな人たちもみんなどこかに向かって
歩いているんですね。

 

あなたの「なりたい」は今どこに向かっていますか?^^