ジェンティーク(JENTIQUE)家具とは■北欧系イギリス生まれのヴィンテージ■


特集

 

こんにちは。
イギリス人店長がセレクトする■英国生まれのヴィンテージ家具&アンティークの専門店■
ブリティッシュビンテージプラスのmisakiです。

 

本日は、日本でもじわじわと人気を高めている『ジェンティーク家具』その人気の秘密に迫ってみたいと思います。

 

JENTIQUE(ジェンティーク)には、他の英国家具メーカーと決定的に違う点があります。

それは、創業の成り立ちです!

 

他メーカーの創業者が何らかの家具業界出身であるのに対し、ジェンティークの創業者Geoffrey Bowman Jenkinsは、元『玩具(おもちゃ)職人』。

そのJenkins(ジェンキンス)が、1930年代に妻と二人でイギリス東部の街Derehamで始めたの家具作りがJENTIQUE(ジェンティーク)社の始まりです。

 

言われてみると・・・

ジェンティークの家具には、ど こかデザインに愛嬌があったり。

フェミニンな優しさを感じたりと、他メーカーにはない独特の魅力があることが分かります。

 

14369107_772067526266912_3367395917891108864_n

 

まずはこのシンプルな取っ手デザイン。
ジェンティーク家具の最も代表的なデザインで、サイドボード、ライティングデスクなど収納家具の取っ手の多くがこのデザインです。

このなんとも気取りのなさが、北欧テイストのインテリア好きな方たちに受け入れられているのかなと思います。

本当に自然体で味があるあたり、日本人の美的感覚に近いです!

 

010109d2

 

脚のほうに目を向けると・・・

009026d4_edited-1

 

こんなふうに、まるでシルバーの靴をはいているようなキュートなデザイン!
これもまた、ジェンティーク家具でよく見られるデザインなんですよ。

この靴の部分は実はネジ式になっていて伸びたり縮んだりするので、高さ調節や設置時に水平をとるときに一役かってくれるんです。
こんなアナログ構造にも、古き良きおもちゃ職人らしさが出ていると思います。

 

009092d1

 

どことなく丸みのあるラインも、ジェンティークらしさ。
シンプルで温かみが感じられ、愛おしい気持ちになるような家具がたくさんあります。

 

ちょっと抽象的ですが、母性的な感じだと私は思っています。
だからかな、女性の方にとても人気があるんですよ。
また明るい色味のチークを使っている事が多いので、共通の取っ手デザインとともに
セットで揃えた時に統一感のある空間がつくりやすいこと。

全体的に、日本の住宅に似合うような小ぶりの家具が多い事。

これらもジェンティークの大きな魅力だと思います。

 

異色な経歴をもつジェンティークならではの、知る人ぞ知る特徴の数々。

 

国内ではまだ知名度は低い方ですが、

G-planやNathanなどと並ぶ
良質なブリティッシュビンテージモダン家具として
イギリス国内や欧米諸国では高く評価され ています。

 

数は多くないですが、当店でもがんばって仕入れているブランドの一つです^^
ぜひ気になった方は、のぞいて見て下さいね。

▼ジェンティーク家具の一覧・価格帯を見る

 

009026d4

 

▼ジェンティーク家具の一覧・価格帯を見る