自宅のテーブルをヴィンテージアーコールERCOLに変えて気づいたこと


FullSizeRender(2)イギリス人店長による■英国ヴィンテージ家具&アンティークのセレクトショップ■
ブリティッシュビンテージプラスのMisakiです。こんにちは。

 

今日はちょっとプライベートなお話です!

 

先日、念願だったアーコールERCOLのダイニングテーブルがわが家にやってきました!!

人気の高い楕円のドロップリーフタイプです。

 

今までも円形のビンテージテーブルを使っていて囲む感じがとても気に入っていたのですが・・・

ちょっと大きくて場所をとることが気になっていました。

 

そして今回イギリスからコンテナが届いた機会に、やっとポール店長のお許しがでて
晴れてアーコールをお迎えすることができました!

 

これまでも、アーコールの椅子は使ったことがあったのですがテーブルは初めて。
基本的にチークのようなダーク色が好きなので、アーコールはナチュラル過ぎるように思っていました。

 

でもこのサイズ感が捨てがたくての初挑戦。

 

結果はというと・・・

 

使い始めてから半月近く経ちましたが、かなり良いです!

日本でこれほど人気なのが本当にうなづけます。

 

ヴィンテージのダイニングテーブルはこれで4代目ですが

私がアーコールテーブルを使ってみて個人的に評価している点はというと・・・

 

①木目の美しさがすばらしい!「無垢の家具」という温かみにあふれています。

ちょっとやそっとのキズや色むらなんか全然気にならず、むしろ味に思えるのは良質家具だからこそ!

 

②ナチュラルな色味がダイニングを明るく軽やかな印象にしてくれる。いつもの食卓がカフェのようなオシャレ空間に変わります。

ちなみにこの日のわが家はポール店長がいなかったので、娘と二人で和食!というか味噌カツなので名古屋メシかな(笑)

 

 

③全体的に小ぶり家具の多いアーコールは、日本の家によく馴染む。

わが家では、このテーブルを常にドロップリーフを広げて楕円にして使っていますが
広げた部分の安定感もバッチリで快適です。3?4人家族にちょうどよいサイズ感がおすすめです。

また長細いので、正円の時よりも場所馴染みがよくてスペースに無駄がなくなったように思います。

 

④そして、やっぱりデザインが活かしてる!!

普通なのに、どこか洗練されていてオシャレなんですよね。テーブルがシンプルなぶん、ラインいっぱいのアーコールチェアとまたよく合うんですね。
家に帰ってきて、扉を開けて、真っ先に目に入って、毎回キュンってなりますよ。笑

 

 

やっぱり天下のアーコール!

 

ダイニング家具だけじゃなくて、サイドボードやコーヒーテーブル、ソファなど沢山シリーズがありますね。
どれも一目でアーコールと分かる統一感のあるデザインで、素晴らしいものばかりです。

 

アーコールを真似た新品家具もよく見かけますが、見る人が見れば月とスッポンです!
この完璧な黄金律デザインと、素材の良さ、長年使用されてきたもののみが持つ独特の色ツヤ。

 

これは、到底真似できないものなんです!!

 

 

毎日つかうものだから、量産品ではなく、ちょっと上等なものを手に入れる。
この先何十年も続く、あなたの日々の小さな幸せに貢献すること間違いなしですよ。

ぜひ、お気に入りの一台をあなたの食卓にも^^

 

FullSizeRender