こんなの見たことない!G-planルームディバイダー夢のダブル仕様。


こんにちは。
イギリス人店長による■英国ヴィンテージ家具&アンティークのセレクトショップ■
ブリティッシュビンテージプラスのMisakiです。

GWもすっかり終わり、なんかやる気がでない・・・なんてことはないですか?
外食癖のついてしまった私は、日々ご飯つくりに苦労です。(笑)

さて、ブリティッシュビンテージ+に素晴らしいアイテムが入荷しております!
ビンテージ・ミッドセンチュリー家具好きなアナタなら、これを見たらテンションが上がること間違いナシ。

G-plan・ブラック&トーラルームディバイダー、夢の連結バージョンです!!
商品情報はコチラから

一台ずつでは他店でも取り扱いがあるようですが、デザイン違いを2台連結したダブル仕様はここだけ。
もちろん別々に使うこともできるのですが、相乗効果で生まれる×2以上の恰好よさを体験してほしいので
セットでの販売にしました。

しかも、黒い棚の部分はフレームも含めて簡単に取り外しできるので、フラットスクリーンのテレビを入れてみたら、これがストライクでした!


格好良すぎます。(涙)
細部にまでしっかりデザインされているところは、さすがG-plan!

スライド扉は敢えて配分を均一にせず、開けきったときも重なりを美しく!
中はストッパー付きで、開けた時にもディスプレイの楽しめる立てて収納!

右側の引き戸は、ライティングデスクとしても。
内部の棚は外せるので、広い収納スペースとしても使用可。

A4ファイルがすっぽり収まる足下のスペースも、かゆいところに手が届く?!

この連結バージョン、実はオリジナル仕様なんですよ。
ここまでデザイン性の高い家具だからこそ、50年経った今でも本当に色褪せることなく
輝き続けますね。まさしく英国ヴィンテージの生んだ逸品です!

ただでさえ、品薄になってきているG-planディバイダー。
この超豪華な一点モノを手にすることができる方は、本当にラッキーだと思います。

希少価値を思うと、投資としても・・・

アリですね!

商品情報はコチラから


英国流デッキチェアの使い方


こんばんは。
イギリス人店長による■英国ヴィンテージ家具&アンティークのセレクトショップ■
ブリティッシュビンテージプラスのMisakiです。

まだまだ寒い日が続き、東海地方でも時々粉雪が舞っていたりしますが、
みなさんの地域はどうですか?

気分だけでも暖かく!というわけで、本日は当店でも扱っている
イギリスのデッキチェアをご紹介したいと思います。

日本でデッキチェアというと、イメージはビーチなどの砂浜。

まさしく夏のイメージかもしれませんが、イギリスではもう一つ意外な場所で
デッキチェアが広く使用されています。

それは、公園です。


イギリスではこんなふうに、天気が良くなってくると、公園にずらりとデッキチェアが並びます。

確かに座り心地もいいですし、とってもリラックスできるので、ビーチだけに留めておくのは
もったいないですよね。

でも、「どれどれ・・・」と気軽に腰かけると、ちょっとビックリしたことになります。

実は、このデッキチェアは有料なのです!

数秒もしないうちに、どこからか係員が現れ、ロンドンの有名どころパークなんかだと
1時間につき200~300円程度徴収されます。

澄んだ空のもと、自然の中でまったりと過ごす休日。
本でも読んでゆっくりできたら、これに勝る癒しは都会ではなかなか難しいのかもしれません。

これを高いととるか、安いととるか・・・。

さて、そんなデッキチェア。

昨年世界最大のものがイギリスのビーチに登場して、話題を呼んでいました。

高さ8,5mもあり、クレーンで搬入されたそうです。

こういうユーモアのセンスは、完全にイギリス的だなぁと思います。

当店のデッキチェアを見てみたい方は、コチラからどうぞ。(レアなビンテージカラー2色あります)
折りたたみできるので、ベランダで使ったりイギリスっぽくピクニックに持ち出すのも素敵ですね。


G-planジープランのデスクでつくるSOHOな空間。


こんばんは。
イギリス人店長による■英国ヴィンテージ家具&アンティークのセレクトショップ■
ブリティッシュビンテージプラスのMisakiです。

本日は、G-planの家具の中でも、個人的に特に気に入っているデスクをご紹介します!


初めて見たときから、このデスクのイメージは自分の中ではSOHOでした。

座り心地の良いシートにもたれ、コーヒーでも飲みながらPCに向かって仕事をする渋い姿は・・・
作家、翻訳家、それとも弁護士?

なんでもいいのですが、このデスクにはそんな大人の落ち着きやラグジュアリーさを感じます。

G-planフレスコシリーズ特有のハンドルや脚のデザインもあると思うのですが、
やっぱりビンテージ品だけが持つ、チークの質感なんだと私は思います。

全体に無垢チーク突板が使用され、木が現在でも呼吸をして生きているため、
年月を経て色味が濃厚になり成熟した美しさがあります。

デスクのデザインをよく見てみると、天版が浮いているように見えますね。
そのため英語では、「Floating(浮いている) desk」フローティングデスクとも呼ばれます。

ブラウジングしていたら、NYのショップでも全く同じ商品を取り扱っていました。

さすがG-plan。しかもフレスコシリーズ。
イギリス国内でも人気がありますが、世界中のオシャレさんに人気があるんですね。

PCを置いてもまだ十分なワークスペースがあるので、実用面でも優秀です。

天板の状態も非常に良く、大切に使われてきた歴史がしのばれます。
全体的にメンテナンスもほとんど必要なく、ここまで良好なビンテージ品にはなかなか巡り合えません。

同タイプデスクの商品ページを見る。

当店では、Pieffのレザーアームチェアをコーディネートして、さらにクールな空間を作ってみました。
このチェアの商品ページを見る。(在庫なし)